私は私。

自分を知る旅を続けています。自分旅人です。

犬を笑わせようとする日々徒然。私なりに気が付いた凄い?!こと!!

うちの愛息子(犬)は、とびきり笑顔で話しかけると唸る時がある。(苦笑)

鼻にシワを寄せて、「ウ〜〜〜〜!」。

 

なぜ??

こんなに大好きで話しかけてるのに・・(笑)

 

そうか!威嚇する時、動物は歯がむき出しになるから、

「人間の笑顔=歯が見える」から、威嚇されたと思ったのかな?

 

口を閉じて笑ったら、少しおさまったような。。

また話しかけると、鼻がフガフガしてたけど、

唸る顔もたまらなく可愛いのだ!!(笑)

 

ある時、うちのガブリンチョ犬がお腹を見せてきたので、

恐る恐る脇の下をこちょこちょしてみた。

じっとお済ましていた(笑)

 

目があった時、変顔して踊ってみたが、

お済まししていた。そして目をそらされる(苦笑)

 

壁の影から、「いないいないばぁ」してから、

宇宙人の顔をしてみたが、

遠くからお済ましして、少し目を細めていた。

 

通りすがりに、背中をこちょこちょしたら、二度見された。

ごめんなさい(汗)もうしないよ。

 

ひょっとこみたいな顔をしながら話しかけたら、鼻をクンクンしながら近くまで来て、つぶらな瞳でじっと見てきた。🐕

 

「動物、笑う」で検索したら、

65種類の動物たちが笑うという研究結果が出たという記事を見つけた。

 

動物たちによって笑い方の表現が違うということを知った時、

 

私の好きな、マグリットさんの言葉、

 

「これはリンゴではない」

 

を思い出す。

そうだ、、

笑顔だったとしても、心が笑ってなければ、それは笑顔ではない。
笑う形は、決して笑顔とは限らない。

真顔でも、心の中では「ドッヒャ〜〜わっきゃっきゃ♪」と笑うこともある。

それは真顔だったとしても「笑顔」である。

なんちゃって。

 

例えていうなら、

可愛い子どもや、ワンちゃん猫ちゃんを見たとき、

可愛くて心の中で微笑んでいても、

人目を気にして知らん顔してしまうことがある。

人から見たら興味なさそうに見える。

 

てことは、、、うちの愛息子は、本当は喜んでいるのかもしれない!

笑っているのかもしれない!

 

そう思いたいだけかもしれない(笑)

 

うちの愛息子は、

大好きなガールフレンド、天使のように小柄で可愛い白いプードルのレディーと毎日一緒に散歩しているが、会いたくて会いたくて玄関で待って(日中、路面温度が熱したフライパンなので)、約束の時間になってその子のうちに向かうときはグイグイ引っ張るのに、いざ会うと、ツンデレで、その子の前で目をそらすそうだ(笑)

 

いっちょまえに。本当は大好きなくせに〜。

 

でも、本当に笑顔になってる子いるよね!

見るよね!

飼い主さんの表情真似してるって話しも聞いたことあるけど、私はそうは思わない。

やっぱり笑ってるよね〜!(←しつこい(笑))