私は私。

自分を知る旅を続けています。自分旅人です。

パイの実の違い探し!(笑)

「実」と「美」の違い。

私は数日気がつきませんでした(苦笑)

 

かわいい箱だったので、捨てられず、

何かの入れ物に使おうかなと思ってとっていたので

偶然気がつきました!

 

昔からあるパイの実

私は、チョコレート全般は、冷凍庫に入れるのが好きなので、

パイの実も冷凍庫でチョコレート部分をパキパキにしてから

食べたのですが、とっても美味しかったです!

おすすめです!

 

絵もほのぼのしてかわいい世界ですが、

箱の中も、

癒される。

優しい世界。優しさが詰まってる〜!

リスさん教えてくれてありがとう(笑)

小さい幸せみ〜つけた!と思いました。

小さい幸せ見つけるのも好きです。

 

「パイの美」,

株式会社ロッテさんのホームページを見たら、

パイの実ならではの美味しさ、六角形のフォルムの美しさを感じて頂きたい」ことから、ロゴを変更したそうです。

prtimes.jp

 

気がつけば、物心つく時からありました!

パイの実ができたのは、1979年からだそうです(驚)

凄くないですか!?

感動しました!

 

変わっていくものもあれば、

ずっと変わらずにいてほしい物や場所があるように、

子ども時代の思い出の中に時折出てきたパイの実

大人になってからも食べられる喜び。

 

作った方の思い、技術、製法がいっぱい詰まっていて、

並々ならぬ努力があったことを知ると、

より一層幸せな気持ちで食べることができました。

 

自分の知らないところで、

いっぱい努力を重ねて、人々の心や暮らしを幸せにしてくれた人たちがいたからこそ、いるからこそ、暮らしていけるんですよね。

 

そういう感謝の気持ちを日々の忙しさで忘れてしまいます。

便利なのも美味しいのも当たり前みたいな(汗)

 

時代を生き抜いて虹の橋を渡った祖父や祖母、ご先祖様など、

大尊敬です。

お盆だからだからでしょうか。

急に先代の人たちに感謝の気持ちがわいてきました。

強く生きなければならなかった時代、

ご先祖様たちの血が自分にも受け継がれていることを

誇りに思います。

 

そう思うと、なぜか力がわいてくるような、

一人ではないような気持ちに(笑)

 

ご先祖様ひとりひとり、

性格も個性も違えば得意分野や、才能があったと思います。

その血が合わさって受け継がれているのだと思ったら、

それはそれは凄いことだと思いました。

私の勝手な解釈ですが(笑)

 

今晩は、ご先祖様に感謝の気持ちを意識しながら過ごしたいと思います(←遅い・・常日頃からそうしたい(笑))

 

 

 

スポンサーリンク